多形滲出性紅斑

多形滲出性紅斑

退院から14日目 ブログの内容を拡張して継続へ

あっという間の退院から14日目です。右手首に水疱破裂の痕が残りましたが、それ以外は、特に問題なさそうです。最近、咳が目立ちますが、寒暖差の影響かと。夜は、布団なしになってますから。 さて、せっかく入院を機会にブログを開始したので、そ...
多形滲出性紅斑

多形滲出性紅斑による退院後7日目

蕁麻疹の症状は、最近になると夕方になっても、出なくなりました。 それでも、昨日から、咳が目立つように。今日は、何度も咳をしていました。 ステロイド剤を服用してから2週間は、免疫力が下がっているので感染症に気を付けてください、と...
多形滲出性紅斑

5月8日(退院4日後)

朝6時半起床。食欲、薬、トイレ、OK.熱なし。病院でのトイレトレーニングのおかげで、夜おむつ濡れることなし。午後から、経過観察で、再び総合病院へ。受診の前に、当初がん泣きしていた入院棟へご挨拶。病院嫌いになってもらうと困るとの思いで。入院...
多形滲出性紅斑

5月7日 退院3日目

朝、薬OK. 熱36.5℃ 5時起床。前日は、疲れの為か、7時ごろに就寝。昼寝をしなかったこともあるだろうが。夜の薬は、飲まず。夕方になると、やはり右手首に紅斑出現。
多形滲出性紅斑

5月6日 発症12日目、退院2日目

5月6日:体温 朝 36.6。食事、トイレ(大小)、OK.午前中、室内遊び(プラレ―ル)。朝7時からの耐久レース。「オーマイガー。だっせん!!」と大興奮。
多形滲出性紅斑

5月6日 退院後の様子(発症11日目 退院1日目)

5月5日:夕方  外での散歩時、右手首が赤みを帯びてました。 特に傷ができたところに。 その際、「またか!」とぞっとしました。 当時は、外気温高め。 片道約10分をストライダーにて(公道ではありませえん)。 ...
多形滲出性紅斑

退院時に処方された薬(入院8日目)

主の薬は、苦いステロイド剤のプレドニゾロン散(4mg)で、その相方胃薬のファモチジンD錠(0.5錠)、万が一のかゆい時用のザジテンドライシロップ(0.5mg)となります。主の苦い薬は、量が減らされていて、一日3回の食後が、朝夕食後の2回と...
多形滲出性紅斑

入院中の塗り薬~年少さん3歳児 蕁麻疹治療の薬~

蕁麻疹全身の塗り薬と顔部分の薬(入院初日の4月28日から)、そして、水泡が破れた後の傷への薬(入院4日目から。5月1日より)の三つとなります。入院後7日目の皮膚科の先生回診により、「全身の薬は、終了です大丈夫です。あとは、傷の薬だけ使って...
入院

入院8日目にして退院

8日目にして、退院です。 皮膚科の青いシャツ先生に、 「状態はいいですね。ステロイドのお薬は、継続してください。」 「もし症状が出始めたら、その他の薬をまた服用してください」と頂きました。 入院日の4月28日から8...
多形滲出性紅斑

処方された薬たち(内服薬)~3歳 年少さん 多型滲出性紅斑にて入院時の薬~

入院初日(28日)、二日目(29日)は、点滴でしたが、 3日目(30日)からは、内服薬に変更です。 点滴が外れたことで、行動の自由度が増します。 子どものストレスは若干やわらげれるので、助かります。 また、親として...
タイトルとURLをコピーしました