退院時に処方された薬(入院8日目)

Translation
スポンサーリンク
スポンサーリンク

主の薬は、苦いステロイド剤のプレドニゾロン散(4mg)で、その相方胃薬のファモチジンD錠(0.5錠)、万が一のかゆい時用のザジテンドライシロップ(0.5mg)となります。主の苦い薬は、量が減らされていて、一日3回の食後が、朝夕食後の2回となりました。帰宅後、右手首周りが、蕁麻疹の後に沿って赤みを帯び、頬の周りも同じく赤くなりましたが、身体が持ちこたえたのか、それ以上拡がりませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました