英語用動画に使える パウ・パトロール~幼児の英語学習 地上波番組~

Translation
アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近になって、興味を持ち始めました。そんな坊は、3歳4か月です。

そこで、しばらく この「パウ・パトロール/Paw Patrol」を

英語学習に活用しようとする、坊のパパです。

乗り物好きの幼児、特に男の子の英語学習には、

Tayo the Little Bus か Paw Patrol のどちらかで、イケますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これまでの使ってきた英語系のアニメ

以前Youtubeで視たときは、
[ちびっこバス タヨ/ Tayo the Little Bus]にはまっていたので、
その際は、完全にスルー、全く視ませんでした。

現在は、Youtubeの視聴自体を制限しているので、タヨも視なくなりましたが。

その際も、できるだけ英語で視るようにしていました。

そんな中、先々週の日曜日の朝、
以前見たことのあるパウパトロールをテレビで放送していることを発見。

気づいたのが遅かったため、その際は、数分で終わってしまいました。

その後は、もちろん、「ぎゃ~~、もっとみたい、もっとみたい!!

もちろん私は、「よっしゃ!使える!」とガッツポーズでした。

日曜の朝は、Paw Patorol!

毎週日曜日朝7時から放送しているんですね、知りませんでした。

話自体は、15分ぐらいで終わったので、

やはり「もっかい、みたい!」で騒いでいましたが。

それでも車好き・乗り物好きの男の子が食いつきやすいアニメなので、
英語の勉強材料をさがしている親としては期待できるので、うれしい限りです。

今のところ、日本語と英語の視聴の半々です。
飽きずに何度も見ています。

トーマスも最近飽きている感じがしたので、
英語教材用の動画として、Paw Patorolを確保したいと思います。

また、日曜日の朝早く起きるための道具にもなります。

確実に、ぐずりません。

効果抜群です。

坊のパパ
坊のパパ

あさ~、おきて!

パウ・パト、はじまっちゃうよ!

坊くん
坊くん

はぁ~~い

まとめ

我が家の坊の経験です。

Tayoは、小さなバスの物語で、

何か秘密道具などが出てくるわけではなく、話の内容がわかりやすいようです。

だから、1歳・2歳時にお勧め

我が家の坊も、おかあさんといっしょのガラピコぷと同じぐらい、よく見ていました。

この時期は、「にほんご!」と言われることも少ないので、
とにかく英語で視ることを繰り返して見せることができました。

Tayoが飽きたら、同じ系列で電車のTitipoに行けるのが、
乗り物好きの子どもにとっては、ありがたいパターンです。

しかし、このぐらいになってくると、
動画視聴で、気が付くと「トミカ・ふみきり!」
「にほんごで」という流れもできてしまいます。

我が家もそうでした。

そんなところに現れた今回のPaw。
内容は、道具を使ったり、依頼を受けて解決するストーリー性から、
少し難易度が高いようです。
そのためか、3歳4か月にして、初めて食いつくように視聴しています。
年少さんぐらいからの方が、面白く感じられるのかもしれません。

我が家では、Tayoを視ているとき、本当に見向きもしなかったので。

そのため、Tayo・Titipo⇒Pawは、
乗り物好き幼児・男の子には、英語教材としては、使える流れだと思います。

もちろんその途中には、色々な誘惑がばらまかれているので、
対応が大切ですよね。野放しは、絶対だめです。

そんな経験もあって、日本語表示のできない北米版、
しかも動画を限定できるDVDの購入を現在検討中。

そして、その後(現在、4歳)

現在、4歳。

車の中で視るパウ・パトロールは、日本語版のDVDを使用しています。

音声は、常に英語です。

日本語版ですので、初期設定は、日本語ですが、音声を切り替えて英語に。

我が家の坊は、日本語での視聴ができないと思っているので、

現在まで、英語で視ています。

坊くん
坊くん

【英語視聴中】ぎゃははははは。

なんに文句も言わず、視聴しています。

もっとも、注意が必要なのは、子ども本人の目の前で、DVDの取替はしていません。

危うく日本語で始めてしまっては、次回からは、確実に

坊くん
坊くん

に、ほ、ん、ご!!!

と、なってしまうので。

というわけで、我が家では、未だにDVDで、英語視聴してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました