愛知・岐阜 緊急事態宣言解除~スキーに行こう!~

Translation
おでかけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が家の坊、3歳11か月。

乗り物好きの男の子

昨日は、ACミランアカデミー愛知の体験教室で実力発揮できず。

父親的には、正直、完敗し凹みました。

そこで、気分をリフレッシュを兼ねて、そうだ山に行こう!

そう、親子ともども。

という事で、高鷲スノーパークに行ってきました。

緊急事態宣言は、28日で解除という事ですが、

まだまだ用心をしないといけないという事、重々承知です。

お昼に到着すると、駐車場は、後ろの方まで並んでいます。

坊のパパ
坊のパパ

だから、いったじゃん、車いっぱいだって。

関西ナンバーいっぱいです。

と、モンゴルママに文句を言う私。

お昼ご飯を車内(コロナ対策として)で済ませてから、いざゲレンデに。

今回の参加者は、ママ、坊、Tel-kunの合計4人。

L-chanも参加したかったと思いますが、最少人数で。

かぶるヘルメットは、蛍光色のピンク、良く目立つので、見失わないです。

男の子でも、女の子でも、違和感なく着用できると思います。

オススメです。

4人乗りリフトを3回滑り、やっぱり子供は雪遊びがしたい。

Tel-kunとペットボトルを埋めたり探したり、

Tel-kun力作のパウステーション?を作っては、壊したり、

最後は、お決まりのそり遊び。

本日は、リフト終了16:30分ぎりぎりに最後の一本。

合計4本でした。

Tel-kunは、6本ぐらいだと思います。

ストライダーで高鷲スノーパークを滑走

心配のコロナ対策としては、

センターハウス内は、帰り際には、人の多さを感じますが、

それ以外は、特に密集と感じることもなかったです。

今回は、レストランには、立ち寄ってもいないので、わかりませんが、

ちびっこルームに立ち寄ったりしたら、遊びだしてしまうので、足を運びませんでした。

我が家のコロナ対策でした。

コロナ過での幼児を遊ばせる場所は、限られてしまって悩みの種です。

週末の商業施設や大きな公園は、神経質になります。

ららぽーと名古屋みなと、海南こどもの国、刈谷オアシスなどなど、

近くの施設はたくさんありますが、

屋外のスキー場では、屋内の遊び場を除けば、他の子どもとの接触も少なく遊ばせれるので、

コロナ過の過ごし方として、スキー場での過ごし方は良い選択肢かも。

問題は、往復の移動時間。

お父さんの頑張りどころです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました