「アメリカ、いくよ。」~3歳・年少・有言実行?~

Translation
将来の坊へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が家の坊、3歳もうすぐ4歳。

乗り物好きの男の子です。

昨日、録画したテレビ番組、

NHK BSの美しき世界の山々「マウントレーニア」

を視ていた時のお話しです。

何気なく、と言うよりも、

これは意図的なんですが、

海外に対して当たり前になってほしい、

口に出したことは叶う、

との思いから、坊にこう話しかけていました。

坊のパパ
坊のパパ

坊、アメリカ行こうね。

すると、面白い返事が返ってきました。

食事中の私は、思わず吹き出しそうになるほど。

その返事は、面白いというか、もし本当に普通のことだと思って答えたのなら、

頼もしい限りです。

その返答が、

坊くん
坊くん

アメリカ、いくよ。

私はてっきり、「いこうねぇ~」とか、いくよ~とふざける感じで答えるかと思ったら、まさかの「いくよ」と、言い切ってました。中高校生ぐらいかぁ、という感じで。

当たり前のように、答えてきました。

もう一回聞いても、

坊くん
坊くん

いくよ、アメリカ。

いや~~。実に頼もしい。

何度も口にしていれば、実現できるをモットーに我が家の方法。

いくよ~!アメリカ!!

レーニアの麓、タコマは、かつてアメリカ大陸に渡る日系移民の玄関口だったと、

その番組では伝えていました。

レーニアは、今読んでいるマンガ「BLUE AIANT EXPLORER」第1巻でも、

登場するワシントン州が誇る山。

BLUE GIANT EXPLORER (1) (ビッグコミックススペシャル) | 石塚 真一, NUMBER8 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで石塚 真一, NUMBER8のBLUE GIANT EXPLORER (1) (ビッグコミックススペシャル)。アマゾンならポイント還元本が多数。石塚 真一, NUMBER8作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またBLUE GIANT EXPLORER (1) (ビッグコミックススペシャル)もアマ...

4392mの山の麓には大きな大木が無数に。

主人公のDが、大木に手を広げる場面。

アメリカの壮大さを表しています。

アメリカには、才能あふれる人材もまた多くいる事を意味しているであろうシーンは、すごく感じるものがある場面です。

我が家の坊くん、何か持ってます。

と、親バカとして期待。

レーニアが、何かの形で、坊の将来の窓口になったりするかもよ。

海外が遠くなってしまったコロナウイルス感染症。

はやく感染が収まり、いつでも行きたいタイミングで、

また海外が行けるようになることを願います。

ワシントン州 レーニア、タコマ:
行きたい場所:トルミー・ピーク・トレイルヘッド
*子ども連れオススメとの情報も多く、子ども連れのトレイル。往復約7マイル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました