大好きな絵本 「コンテナくん」~3歳・年少・乗り物好き・コンテナくんの仕向地、なんと。。。。~

Translation
学び
スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が家の坊、3歳。

乗り物好きの男の子です。

おもちゃも基本、トミカ・プラレールなど、乗り物。

もちろん、絵本も、基本は、乗り物系。

そんな坊が、好きな絵本の一冊が、

たにがわ なつき」さんの「コンテナくん」です。

日本から、海外に運ばれるコンテナが主人公です。

クレーンやトラックなど、コンテナ輸送に関連する機材の説明が細かく書かれている絵本です。

貿易実務紹介本のように、細かく書かれています。

そのためか、文章は多いのですが、ストーリー的には、それほど分量は多くありません。

文章多めの絵本へとステップアップする前に、ちょうどよいと思います。

我が家では、最初のころ、機材説明の箇所を飛ばしながら、読んだりしていました。

作者さんに怒られそうですが。。。。

ここ最近、おさるのジョージシリーズにハマりだしている坊ですが、

それ以前から、こちらの絵本大好きです。

紙面いっぱいに描かれた絵は、やっぱり子供を引き付けます。

ちなみに、我が家の坊、引き付ける力、持っているんです。

何と、主人公のコンテナくんの行きつく場所は、

(以下、ネタバレ注意)

な、

な、

な、

な、

ん、

と、

「モンゴル」なんです。モンゴルの草原で、ゲルの前で開封されるコンテナくん。

モンゴルハーフの我が家の坊は、無意識にコンテナくんを読むように、手を伸ばしていた様子。

だとしたら、奇跡ですが。

ちなみに、こちらの絵本も、我が家のホーム図書館である名古屋市港図書館でお借りしました。

乗り物好きの子どもを引き付ける乗り物いっぱいの絵本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました